くらし情報『家族で「ゴミ出し」分担しやすくなる6つの工夫』

2021年6月24日 16:20

家族で「ゴミ出し」分担しやすくなる6つの工夫

こんにちは。鎌倉のライフオーガナイザー®むかいはらゆかです。

家事の中でもひときわ地味な作業のひとつが「ゴミ出し」ではないでしょうか。料理や洗濯に比べ目立ちにくい家事であるためか、筆者の家ではこちらから言わないと家族の誰も手伝ってくれません。忙しい毎日の中、ひとりでゴミ出しの準備をしていると時々切なくなります。

しかしあるとき、「この地味なゴミ出し作業を家族みんなでやろう! そのほうが夫や子どもの家事力もアップするし、私の負担が減る!」と思い立ち、家族が喜んでゴミ出しを手伝ってくれるような仕掛けをあれこれ作りました。まだ浸透不足の部分もありますが、少しずつ家族ができるようになって筆者の負担が減ってきています。

今回はその取り組みを6つご紹介しますので、よかったら参考にしてくださいね。

① ゴミ出しのルールを知ってもらう仕掛け2つ

ゴミの分別方法をゴミ箱に貼る

目次

・① ゴミ出しのルールを知ってもらう仕掛け2つ
・ゴミの分別方法をゴミ箱に貼る
・ゴミ箱の中にも仕分けルールを書いておく
・② ゴミの流れを整理する! ゴミ捨て習慣2つ
・メインのゴミ箱を中心にゴミ捨ての習慣をつける
・各自の部屋のゴミは自分で「ゴミ・ステ」に出す
・③ ゴミ出しの流れに家族も"乗れる"工夫2つ
・ゴミ袋ケースにラベルをつける
・丸投げNG! ゴミ出しを末長く担当してもらうための作戦
・まとめ
Img 5068


筆者は夫と中学生の息子の3人家族。2人とも時々、ゴミの分別方法を筆者に聞いてきます。「これはプラスチックゴミ? 燃えるゴミ?」というふうに。

「そういえば家族はゴミの分別の方法をちゃんと知らないし、関心がないのかもしれない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.