くらし情報『家族で「ゴミ出し」分担しやすくなる6つの工夫』

2021年6月24日 16:20

家族で「ゴミ出し」分担しやすくなる6つの工夫

と思い、まずは家族にゴミ出しのルールを知ってもらうことにしました。自治体からもらった分別方法のパンフレットを切り取って、ゴミ箱のフタに貼りました。こうすることによってゴミ分別の意識を高め、把握してもらうように仕向けています。

ゴミ箱の中にも仕分けルールを書いておく

Img 8958


ゴミの仕分け種類が多いため、ひとつのゴミ箱の中に2〜3種類のゴミを入れています。

上の写真は紙ゴミ用のゴミ箱を横から見たところです。「ボール紙」(ティッシュの箱など)と「ミックスペーパー」(コピー用紙やダイレクトメールなど)が混在しないように、それぞれに袋を用意し、ゴミ箱の側面にマスキングテープを貼ってそれぞれの位置を明確にしました。

このルールを決める前はこの2種類のゴミが混じり合ってしまい、ゴミ出しの前に仕分け作業が必要でした。しかし、このルールを決めてゴミ箱の内側にマステを貼ったところ、誰もがゴミ出しの際に分別して入れるようになり、仕分けの手間が軽減されました。
Img 8964

② ゴミの流れを整理する! ゴミ捨て習慣2つ

メインのゴミ箱を中心にゴミ捨ての習慣をつける

Img 9010


家族にゴミ出しのルールを把握してもらったところで、次は我が家でのゴミ出しの流れをしっかり作り、それを共有する必要があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.