くらし情報『家族で「ゴミ出し」分担しやすくなる6つの工夫』

2021年6月24日 16:20

家族で「ゴミ出し」分担しやすくなる6つの工夫

ができるようになるための工夫です。これができるようになると、家事力がさらにアップします。

まず必要なゴミ袋を自分で取り出せるように、ゴミ袋を仕分け用のケースに入れてマスキングテープでサイズを書いています。このケースの隣には、市指定のゴミ袋が入っているボックスがあります。部屋のゴミ箱にゴミ袋をセッティングする時や、週に数回の指定ゴミ袋を使ったゴミ捨てをする時に、誰もが見てわかって使えるように工夫しています。

丸投げNG! ゴミ出しを末長く担当してもらうための作戦

Img 8941


集まったゴミは出す日の朝にまとめます。現在は夫が朝のゴミ出しを担当しています。

この際「燃やすゴミ出しておいて〜!」と丸投げはしません。筆者が「ゴミ・ステ」から出して市指定のゴミ袋に入れて玄関に置くまでを担当。夫には玄関から近所のゴミの集積所に持って行くまでを担当してもらっています。

本音は全て丸投げしたいところですが、目的は末長くゴミ出しに関わってもらうことですので、「ハイ! あとはよろしく」というところまでこちらでやっておくのが、今のところ、夫に負担感なく担当してもらうための工夫(作戦)です。

まとめ

「ゴミ捨て」を家族でシェアするための工夫をご紹介しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.