くらし情報『片づけのプロが依頼先のキッチンを整理するとき、意識している3つのこと』

2021年6月25日 09:40

片づけのプロが依頼先のキッチンを整理するとき、意識している3つのこと

こんにちは、ライフオーガナイザー®の門傳(もんでん )奈々です。

おうち時間が増えると、キッチンに立つ時間も増えているのではないでしょうか。しかし毎日使う場所でありながら、その収納方法に困っている人は多いものです。

キッチンの収納で気をつけたいことは、

① キッチングッズの定数を決める
② 動線や高さを意識した収納をする
③ 空間を仕切って有効活用する

の3つです。

以下で詳しくみていきましょう。

キッチンで片づかないものベスト5

目次

・キッチンで片づかないものベスト5
・キッチン収納で気をつけたいこと3つ
・① 定数を決める
・保存容器は5個
・キッチンツール
・お皿は一種類を5枚ずつ
・乾物などの長期保存品
・割り箸、ペーパータオルなど
・② 動線と高さを意識して収納する
・③ 空間は区切って有効活用する
・まとめ
824667878


あらゆる引き出しからおたまが、しかもいくつも出てくることはしばしばあります。

片づけのプロとしてお客様のお宅に伺って作業をするとき、片づかないものとしてよく扱われるのは以下の5つです。

・保存容器
・キッチンツール
・皿
・乾物などの長期保存品
・割り箸、ペーパータオルなど店でもらえるもの

これらのものが増えてしまう原因のひとつが「いつか使えるかもしれないから一応取っておく」という考え。さらに「何個持っていればいいのかがわからない」ことが、結果的に物を増やしてしまうのです。

キッチン収納で気をつけたいこと3つ

① 定数を決める

「キッチングッズは、何を何個持っていればいいのかわからない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.