くらし情報『【家庭菜園にチャレンジ】バジルの上手な育て方』

2021年6月29日 05:12

【家庭菜園にチャレンジ】バジルの上手な育て方

こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

ピザやパスタなど、イタリアンなメニューに欠かせないバジル。近頃は一般的なスーパーでも野菜コーナーで販売されるようになって、入手しやすくなりました。

目次

・バジル
・バジルの植えつけ
・バジルの育て方
・水、肥料
・摘心(てきしん)
・花摘み
・バジルの収穫
・バジルの増やし方
・バジルソース(ペスト・ジェノベーゼ)の作り方
・まとめ


190930 140941 r


スープやソースに入れて香りづけしたり、肉や魚や野菜と一緒に炒めて味のアクセントにしたり、仕上げの彩りとして添えてもステキです。

食欲をそそるいい香りのバジルですが、摘んで時間が経過すると香りが弱まったり、葉の色が黒っぽく変わったりと、保存が難しいのが難点。家庭菜園で育てると、使いたいときに使いたい分だけ新鮮なバジルを使うことができるのでオススメ。摘み立ての香り豊かなバジルを楽しめるのが、おうちで育てる醍醐味です。

バジル

152891221


■シソ科/多年草
熱帯地方に広く分布しているバジルは、暑さには強いけれど寒さには弱いです。そのため、原産地では多年草ですが、日本では冬を越せないので一年草扱いとなっています。

■和名:メボウキ
実は江戸時代に、日本に入ってきたときは種が漢方薬として輸入されていました。目を洗う目薬にされたことから「目帚(メボウキ)」の和名がつけられています。また、バジルには体のさまざまな機能を高める働きもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.