くらし情報『家庭菜園「ミニトマト」を育ててみた』

2021年6月30日 17:40

家庭菜園「ミニトマト」を育ててみた

こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

春~初夏にかけて、ホームセンターや園芸店などの野菜の苗のコーナーは大賑わい! この時期は夏に収穫できる野菜の種類も豊富。気温とともにぐんぐんと成長する様子もわかりやすく、家庭菜園で収穫できると嬉しさも格別です。

目次

・ミニトマト
・ミニトマトの苗の選び方
・ミニトマトの植えつけ
・ミニトマトの育て方
・水やり
・脇芽摘み
・支柱に誘引
・ミニトマトの収穫
・まとめ


190504 144925 r


いろいろな種類がありますが、夏に向けて育てたい野菜といえば、ミニトマトが定番ですよね。初心者でも収穫でき、洗ってそのまま食べられる手軽さもいいところ。小学校でも授業で育ててみるくらい、挑戦しやすい野菜ですが、たくさん実をつけ、上手に育てるためには押さえておくポイントがあります。

ミニトマト

100703 100501 r


■ナス科/多年草
中南米の高原地帯原産のため、日本では冬を越せず一年草扱いとなっています。また、高原地出身なので、実は日本の高温多湿の気候はちょっと苦手。そのため春~初夏、秋が元気に育つ季節です。

■トマトの和名:赤茄子、珊瑚樹茄子など

■植え付け時期:4月後半~5月

■収穫期:6~11月

■品種:アイコ、キャロル、千果、シュガープラムなど
ミニトマトはさまざまな品種が続々と登場しています。店頭では、形、色、甘みが異なるミニトマトがたくさん並び、どれを買うか迷ってしまうくらい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.