くらし情報『家庭菜園「ミニトマト」を育ててみた』

2021年6月30日 17:40

家庭菜園「ミニトマト」を育ててみた

栽培する場所が広い場合は、植える場所をほかの植物とローテーションしたりできますが、プランターや、限られた場所で家庭菜園をする場合には難しいですよね。そのため、連作障害が起こらないように、土の栄養分のバランスを整え直してあげたり、消毒したりして土壌を改善します。

そして、もうひとつの方法がミニトマトの根元の部分を切り、連作障害が起こらない植物に接ぎ木している接ぎ木苗を使用すること。販売されている苗には必ず表示してあるので、同じ場所に続けて植える場合には、この接ぎ木苗を選ぶと安心です。

210504 155128 r


接ぎ木苗は下の方を見ると接ぎ木した部分がわかります。

ミニトマトの植えつけ

210504 165501 r


乾燥気味な土壌を好むので、水はけがよくなるよう畝(うね)を作って植えます。あらかじめ、肥料をすき込んで準備しておきましょう。肥料を自分で配合するのはハードルが高いですが、トマト用や野菜用に配合されているものが販売されているので、それを利用すると簡単です。

210504 170028 r


根を崩さないように優しくポットから外し、苗の大きさに穴を掘って植えます。

210504 170155 r


根元に土を被せて、手でやさしく押さえるようにして落ち着かせ、水をあげて完了です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.