くらし情報『カンタン!大葉(青じそ)栽培のコツ』

2021年7月13日 07:00

カンタン!大葉(青じそ)栽培のコツ

こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

料理の仕上げに彩りと味のアクセントをつけてくれる薬味。使う量は少ないけれど、これがあるのとないのとでは、味わいが大きく変わります。古今東西、さまざまな薬味とされる食材が活用されてきましたが、日本料理でよく使われる、大葉(青ジソ)もそのひとつです。

目次

・大葉(青ジソ)
・青ジソの植えつけ
・青ジソの育て方
・水・肥料
・摘心
・花摘み
・害虫防除
・青ジソの増やし方
・青ジソの収穫
・まとめ


200508 101746 r


さっぱりとした爽やかな香りと明るい緑色で、味わい的にも見た目的にも、夏にはピッタリ。栄養価も高く、食欲がないときにも食べやすく、暑い季節に食材が傷まないような殺菌・防腐効果もあるといわれています。

葉は小ぶりなのでメイン食材としては弱いですが、その存在感は少量でも発揮。薬味として使うときは1度に使う量も比較少なく、使いきれないこともあるため、おうちで育てて使いたい枚数だけ採ることができるといいですよね。

青ジソ(大葉)は、1度植えればこぼれ種で毎年出てくることもあるくらい、栽培しやすい植物です。上手に育てれば夏の間ずっと収穫でき、たっぷりと味わうことができます。

大葉(青ジソ)

545305252


■シソ科/1年草
中国原産。食用のシソはもともと赤ジソですが、青ジソはその変種。日本でも栽培は古くからされ、防腐、殺菌、殺虫効果から、生ものに添えられて使われることも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.