くらし情報『簡単に真似できる!専門家直伝の「玄関のキレイ」キープ術』

2021年7月14日 15:58

簡単に真似できる!専門家直伝の「玄関のキレイ」キープ術

しかしその靴たちは、全て日常的に履いているものばかりでしょうか? 履いていないものも出ていたら靴箱にしまいましょう。

各場所のキレイを維持するコツ

靴箱のキレイを維持するポイント

①誰の靴をどこに収納するか決める

Img 0060


誰の靴をどの位置に収納するか決めておくと、家族が戻しやすいです。

自分の靴をどこにしまうかが明確になっていると、家族が自分で出し入れする習慣がつきます。そのため、適当な場所に靴を入れることが少なくなり、徐々に靴箱の中が整っていきます。

我が家の場合、子どもの靴は一番下に収納することにしています。子どもが届く高さに収納場所を決めておくと、子どもが自分で出し入れしやすいです。

②棚板を動かす

Img 0058


棚板が動かせる靴箱の場合、入れる靴の高さに合わせて棚板を変えるといいでしょう。棚板が動かせる靴箱ならば、靴の高さに合わせて棚板の高さを変更するのがオススメです。我が家の場合、一番下の子どもの長靴を入れているスペースはやや広めにとっておき、その上は子どもの靴が入るくらいのスペースになるよう、棚板の高さを調整しています。

③靴の収納にトレーを使う

Img 0059


トレーがあると定位置に靴を戻す習慣がつきやすいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.