くらし情報『ご提案!余った「餃子のタレ」の使い道』

2021年7月16日 17:00

ご提案!余った「餃子のタレ」の使い道

【餃子のタレレシピ②】いつもとひと味違う和え物に

春菊の中華風ごまあえ

Img 9191


材料3つでできる簡単ごまあえです。

【材料(2〜3人分)】
春菊……1束
すりごま、餃子のタレ……適量

【作り方】
① 春菊をさっと茹でて、固く絞る。
② 春菊に餃子のタレとすりごまをかけてあえる。

我が家ではあえ物はお醤油やめんつゆを使うことが多いので、このようなタレを活用するといつもと違う味が楽しめて、食卓に変化が生まれます。

Img 9212


さらにごま油を入れるとコクが出て、より味に深みが出ます。にんにくチューブを入れるとナムル風になって、お酒のおつまみによさそうです。

具材は春菊のほかに、ほうれん草、小松菜などでも合いますし、茹でたてのブロッコリーにかけたり、叩いたきゅうりにあえたりしてもよさそう。冷蔵庫にあるものでOK! 手軽に一品増やせて、栄養バランスもよくなりますね。

中華風煮卵

Img 9304


煮卵も作ってみました。固めに茹でたゆで卵の殻をむいて、餃子のタレと一緒に袋に入れて半日ほど置くだけ。タレの量は、ゆで卵をビニール袋に入れて、卵が絡まるくらいが目安。だいたいゆで卵ひとつにつき、タレ大さじ1〜1.5くらいです

いつもの甘辛味の煮卵と違って、さっぱりとした味わいになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.