くらし情報『<父の日企画>家族にとっての「理想の父親」って何だ? #渡邊大地の令和的ワーパパ道』

2021年6月18日 20:00

<父の日企画>家族にとっての「理想の父親」って何だ? #渡邊大地の令和的ワーパパ道

<<『渡邊大地の令和的ワーパパ道』を最初から読む>>

目次

・改めて考える「イクメン」って何だ?
・子どもから見た理想の父親とは?
・夫婦でも、100%相手のことはわからないのが当たり前
・父の日は「良い父親とは何か」を確認する日にしてみよう
・今回のまとめ
1


我が家の長男(小6)と長女(小3)はどちらも、私が代表を務める株式会社アイナロハの次期社長の座を狙っています。では、社長になって何をしたいのか、二人とも考えは同じで「シャインにメイレイしたい」のだそうです。何を命令したいのか聞くと、

長男「宿題やらせる」
長女「紅茶を持ってこさせる」

絶対コイツらに継がせたくないと思いますけどね……。
そこで、「もし自分が会社に勤めて、社長の代わりに宿題やれって言われたらどうする?」と尋ねると、「自分でやれって言う」と長男。そのまま返してやるよ。

「社長から、紅茶持って来いって言われたらどうする?」と尋ねると、「キュウリョー100万円くれたらいいよ」と長女。彼女にとっては、大金イコール100万円です。

社長になってからのことを考える前に、社員にとってどんな社長が好ましいのか、社会に揉まれなきゃですよね。何でもそうですが、当事者にとっての理想像と相手にとっての理想像にはギャップがあります。今の社長の件ほど極端ではなくても、良かれと思ってがんばったことが相手にとっては迷惑だった、なんて、結婚して以降耳にたこができるほど聞かされてますよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.