くらし情報『子どもの夏休み、旅行計画は「ない」が多数派に。クラシエが実施、夏休みの過ごし方とスポーツに関する意識調査』

2021年7月12日 15:55

子どもの夏休み、旅行計画は「ない」が多数派に。クラシエが実施、夏休みの過ごし方とスポーツに関する意識調査

目次

・夏休みの過ごし方や食生活にもコロナ禍の影響
・夏休みの過ごし方について
・夏休み中の食生活について
・子どもの運動やスポーツの実施状況について
・調査の概要
1266131841

夏休みの過ごし方や食生活にもコロナ禍の影響

夏休みの過ごし方について

210709 g01


今年の夏休みに外出・旅行の計画が決まっているかを聞いたところ、「計画はない」が61.8%でした。「計画している」のは10.8%に留まり、「計画したいが決まっていない」が27.5%でした。コロナ禍により、遠方へ外出しずらい状況が続いていることの影響があるようです。

210709 g02


コロナ禍での夏休み、子どもとの過ごし方について聞いてみました。「外遊びをすること」が33.3%で最も多く、「料理やお菓子作りをすること」が30.5%、「プールをすること」24.3%と続きました。

夏休み中の食生活について

210709 g03


在宅時間が増える夏休み中は、お菓子を食べる機会も多くなります。夏休みに子どもが食べることが多くなるお菓子を聞いてところ、「アイスクリーム」が50.3%で最も多く、「スナック菓子」が47.8%、「チョコレート菓子」40.3%と続きました。

210709 g04


しかし、お菓子を食べることが多くなることを「気になる」と回答しているママは33.3%で、「やや気になる」の42.5%と合わせると、75.8%という数字になります。

子どもの運動やスポーツの実施状況について

210709 g05


コロナ禍の状況では自由に運動するのも難しい状況です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.