くらし情報『【保育園栄養士が解説】子どもに必要な栄養や食事量って?『子どもと食べたいレンチン作りおき』』

2021年9月18日 09:30

【保育園栄養士が解説】子どもに必要な栄養や食事量って?『子どもと食べたいレンチン作りおき』

<<『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』の他のレシピも見る>>

幼児食の役割とは?

幼児食とは離乳食完了後の1歳半から5歳くらいまでの食事のことで、大人への食事の移行期間です。まずは幼児食の役割と、食事のポイントをチェックしましょう。

目次

・幼児食の役割とは?
・丈夫な体と心を育み食事を通し 生きる力を学ぶ
・一汁二菜を基本に 栄養バランスの良い献立を意識する
・5大栄養素
・主食
・炭水化物
・主菜
・脂質
・タンパク質
・副菜
・ビタミン
・ミネラル
・水
・食物繊維
・成長にあった食事を摂る
・【幼児食前期(1歳半~2歳頃)】「食べたい!」意欲を引き出す工夫を
・【幼児食後期(3歳~5歳頃)】活動量が増え 食べる量も増えてくる
・書籍『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおきはじめてママとパパでもかんたん』について
・中村美穂さんのプロフィール


1 2

丈夫な体と心を育み食事を通し 生きる力を学ぶ

幼児期の子どもは離乳食の時期よりも大人に近い食べ物を食べられるようになりますが、噛む力や消化器官などはまだ発達段階。そのため、幼児食はたくさんの食の経験を積み、離乳食から大人と同じ食事への移行期とされています。
この時期は食べ方を学び、噛む力や味覚を育みながら、多くの食べ物や味と出合い、生きる力を身につけていきます。まずは大人と一緒に食卓を囲んで食事の楽しさを体感したり、食べられた達成感を味わったりしながら、「食べたい」という気持ちを引き出すことが大切です。
また、心や体の発達がめざましく、自我が出てくる時期でもあります。順調に食事ができていた子でも突然食べなくなったり、食べムラが出てきたりすることも。しかし、これは成長の一過程であるので、焦らず、子どものペースに合わせてサポートしていきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.