くらし情報『一年で二人を産んだ光上せあら、体が悲鳴。中国の住み込みシッターに「国でそーゆー制度あればなぁ」』

2021年9月22日 12:00

一年で二人を産んだ光上せあら、体が悲鳴。中国の住み込みシッターに「国でそーゆー制度あればなぁ」

光上せあらさん「これってやっぱり駄目なのかな?」

目次

・光上せあらさん「これってやっぱり駄目なのかな?」
・第二子出産前には「中国の高貴な家族写真」をイメージしたマタニティフォトを公開していました
・「産後の肥立ちが悪い」とは?
1277214792


元アイドルで実業家の光上せあらさんは、昨年9月に第一子女児を出産。そして生理が再開しないまま第二子を妊娠し、今年8月21日に第二子男児を出産しました。ただでさえ母体の健康が心配されるところではありますが、光上さん自身、産後の体調不良を訴えています。

光上さんは9月20日にブログを更新し、「産後の肥立ちが悪い。。」と投稿。出産後は母体が回復するまで一ヶ月程度は体を休めたほうがいいと理解しているものの、第一子の世話や家事もあり「産後の体を全然労われない…」「現実的に無理なので、どうしたらいいかちょっと悩んでます」と吐露しました。

現在の生活としては、掃除や哺乳瓶の洗い物のほか、9kgの長女を抱っこして移動したり、散歩に連れて行って歩いたり、離乳食を作るためキッチンで立ちっぱなしになったり……といったことを「普通に」やっているそう。夜中も第二子の世話で2~3時間おきに起きるため寝不足ですが、だからといってたっぷり昼寝をできるわけでもなく、体力的に限界なようです。

さらに、長女を抱っこした後には「腰がズキーンと痛くなり、お尻と股関節と脚の付け根もまだ産前と同じ痛みが」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.