くらし情報『はんにゃ川島「アザだらけの1歳長男」、サラリーマンにギョッとされ「虐待だったら隠すでしょ」』

2021年10月12日 18:00

はんにゃ川島「アザだらけの1歳長男」、サラリーマンにギョッとされ「虐待だったら隠すでしょ」

「あざだけで病院に行くべきか?」

目次

・「あざだけで病院に行くべきか?」
・【入院】きっペい君少しの衝撃で無数にアザができ緊急入院
・【生配信】突然入院した息子について
・子どもの入院、付き添い・面会は?
1012hannya


はんにゃ川島さんオフィシャルブログより

川島さんの長男きっぺいくんは10月8日に緊急入院。その前日から、菜月さんは息子のおでこに黒いアザができている写真をブログに掲載していて、テーブルと椅子の隙間に潜り込んで何回もおでこの同じ箇所をぶつけるので黒くなってしまったと明かしていましたが、アザは全身に及んでいたそうです。

菜月さんは「風邪もひいていない、熱もない、あざだけで病院に行くべきか…えー??」
と迷ったものの、託児所の先生に「かさぶたをはがしてしまった際、血がなかなか止まらなかった」と言われたことや、知人の漢方薬剤師に相談したらすぐちゃんとした検査を受けるよう勧められたことなどを踏まえて、信頼するかかりつけの小児科へ。その結果、精密検査のできる病院を紹介され、即日入院して治療を受け、二泊三日で退院できました。

病名は「特発性血小板減少性紫斑病」。厚生労働省の指定難病とされている自己免疫疾患で、きっぺいくんは「通常15万くらいある血小板が入院初日は4000しかなく血が止まりづらくなりそれによって少しの衝撃でアザができるようになっていたみたい」だと、菜月さんは説明しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.