くらし情報『Dyson Purifierシリーズに加湿空気清浄機が新登場、ホルムアルデヒドを分解し室内の空気を清浄に保つ』

2021年10月15日 12:00

Dyson Purifierシリーズに加湿空気清浄機が新登場、ホルムアルデヒドを分解し室内の空気を清浄に保つ

フィルターの触媒は、空気中の酸素が活性酸素分子に置き換わることで自己再生するので、酸化分解触媒フィルターは交換不要で、半永久的にホルムアルデヒドを分解し続けます。

211014 dyson02

見落とされがちなPM 0.1 レベルの微粒子から、有害なガスやニオイまで除去

ホルムアルデヒド以外にも、ペットや植物などからハウスダストや花粉が、また調理では二酸化窒素などの有害ガスやPM 0.1レベルの微細な粒子が放出されることがあり、室内の空気は屋外よりも汚染されていることも。

同社の加湿空気清浄機は、製品内部にあった隙間を高い圧力で密閉し、欧州規格HEPA H13 グレードの基準を満たすフィルターと組み合わせることで、花粉、ハウスダスト、ウイルスを捕らえるだけでなく、PM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%閉じ込め、有害なガス・ニオイまでも取り除きます。

衛生的な加湿と簡単な加湿お手入れ機能

加湿器で気になるのが、タンク内の水が清潔を保てるかどうかです。本商品では水の中の細菌を除去するために、高反射素材を使ったPTFEチューブを開発しました。UV-C ライトが、このチューブの側面で反射しながら下に向かい、タンクから汲み上げられた水が、この複数の光線を通過し、瞬時に細菌が除去します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.