くらし情報『藤本美貴「厄介なママ友のかわし方」を伝授、「これで逃れられると思います」』

2021年10月15日 12:35

藤本美貴「厄介なママ友のかわし方」を伝授、「これで逃れられると思います」

無痛分娩では、背中側から背骨に針を刺して麻酔薬を注入する「硬膜外鎮痛」が主流ですが、そのほか吸入や点滴または注射で麻酔薬を投与する「全身投与による方法」、 「神経ブロック」 などいくつかの方法があります。

硬膜外鎮痛は痛みを抑える効果が高い一方で、母体への影響が少なく、薬が胎盤を通っておなかの赤ちゃんに届くことがほとんどない方法と言われています。そうした理由から、日本を始め、多くの国で硬膜外鎮痛が無痛分娩の第一選択になっているようです。

公益社団法人日本産婦人科医会が2017年に行った調査によれば、医療機関2,391施設(回答数は1,423施設)のうち3万6,849件、全体の6.1%が無痛分娩を行っています(平成28年度。回答のあった施設の全分娩数は60万8,450件)。[*1]。

参考文献
[*1]第115回記者懇談会(H29.12.13)いま、医会が考える医療安全について「分娩に関する調査」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.