くらし情報『「ドーナツ100個食べられますように」6歳初詣の願い事を一瞬で叶えたパパのアイデア「こんなん最高にうれしいやん」「感激」』

2022年1月13日 06:11

「ドーナツ100個食べられますように」6歳初詣の願い事を一瞬で叶えたパパのアイデア「こんなん最高にうれしいやん」「感激」

「こういう夢の叶え方好きだなあ」「ただ100個のドーナツを用意するのではなく、100個食べられるサイズにして用意しているところに感激」といった反響が寄せられています。

作り方は、3Dのデータ制作→3Dプリンターで造形→生地をこねる→型抜き→揚げる、の5工程。大村さんいわく「小さいドーナツはすぐ火が通るのでラクだが、型抜きがすごいめんどくさい」そうです。

https://twitter.com/trialanderror50/status/1477905307783528449――3Dプリンターで型を作るとは本格的ですね!

大村さん息子はたくさんドーナツを食べたいという意味で100個と言ったのだと思いますが、あえてその数字をその通りに受け取って一緒に作ってみようと思いつきました。

――息子さんは「ドーナツ100個」の夢を叶えられたのでしょうか?

大村さん三人兄妹で群がって食べたので、たぶん1人あたり30個くらいしか食べられてないと思います。わしづかみで一度に何個も口に放り込むので一瞬でなくなりました。――そうだったんですね(笑)。息子さん、喜ばれていましたか?

大村さんこれといった反応はありませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.