くらし情報『ボリュームあっても低カロリー♪オートミールと豆腐で「食べる」ダイエット』

2022年6月26日 21:17

ボリュームあっても低カロリー♪オートミールと豆腐で「食べる」ダイエット

豆腐とオートミールで「食べる」ダイエットの気になるポイント

目次

・豆腐とオートミールで「食べる」ダイエットの気になるポイント
・オートミールとお豆腐のカロリーは本当に少ないの?
・オートミールと豆腐なら食べすぎても大丈夫?
・豆腐とオートミールの手軽でおいしい食べ方
・米化オートミールに豆腐を混ぜてボリュームアップ
・オートミールを豆腐で米化してさらにボリュームアップ
・豆腐とオートミールでクリーミーグラタン(バター・小麦粉不使用)
・まとめ
60 img 3583 sq


オートミールとは、オーツ麦(えん麦)という麦の一種を食べやすく加工した食品。豆腐は、畑の肉と言われる大豆を加工した食品ですね。

どちらもヘルシー食材といわれることの多いオートミールと豆腐の組み合わせは、栄養バランスの面でも、味の面でも、また料理でのアレンジしやすさという面でもおすすめです。気になるポイントを解説します。

オートミールとお豆腐のカロリーは本当に少ないの?

大豆を原料にして、水分を多く含む豆腐は、カロリー控えめ食材の代表選手。冷ややっこ1つ100gとすると、絹ごし豆腐なら56kcal。よく3つセットで売られているパック売りの豆腐は150gのことが多いのですが、あれを丸ごと1つ食べても84kcalと考えると、その低カロリーぶりが実感できますね。

いっぽう、オートミールはヘルシー食材と言っても炭水化物を主な栄養素とする穀類なので、100gあたりのカロリーは350kcalと、一見、なかなかヘビーに見えます[*1]。

ただし、オートミールの1食分は約30g。オートミール1食分あたりのカロリーは、105.0kcalと決して多くはなく、米1食分(65g)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.