くらし情報『兄弟姉妹のほうが自分より親に愛されてる…? 親子にも相性がある。「きょうだい間格差」調査結果』

2022年3月17日 17:03

兄弟姉妹のほうが自分より親に愛されてる…? 親子にも相性がある。「きょうだい間格差」調査結果

親子関係心理学の専門家・三凛さとし氏は、20歳以上50歳未満の男女全国2,998人を対象に「きょうだい間格差」について調査いたしました。

Main


まず、「きょうだいはいるか」尋ねました。

その結果、長子39.7%(男性・女性ともに39.7%)、中間子12.5%(男性:12.0%、女性:13:0%)、末子32.1%(男性:30.5%、女性:33.6%)、一人っ子15.7%(男性:17.8%、女性:13.7%)となり、84.3%の人にきょうだいがいることがわかりました。

Sub1


きょうだいのいる人に「他のきょうだいと自分の扱いに対しての親への不満はあるか」尋ねたところ、中間子女性は67.2%と最も「不満あり」が多い一方、末子男性は42.5%と最小でした。

また、生まれ順に関係なく、全体的に男性よりも女性の方が親に対して不満があったことがわかりました。

Sub2


どのような不満があったのか、その内容を質問しました。

長子に尋ねたところ、半数以上が「弟・妹には甘かったのに、自分には厳しかった」(総合:54.9%、男性:50.0%、女性:58.4%)、「兄(姉)だから」と言われ、我慢することが多かった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.