くらし情報『働く女性の7割が睡眠に不満、「質のいい睡眠のために行っていること」は、男女で違いが出る結果に』

2022年4月20日 11:55

働く女性の7割が睡眠に不満、「質のいい睡眠のために行っていること」は、男女で違いが出る結果に

76%の女性が「睡眠に満足していない」と回答

男性250人に「睡眠に満足しているか」尋ねたところ、69%が「睡眠に満足していない」、31%が「満足できている」と答えました。女性250人にも同じ質問をしてみると、76%が「睡眠に満足していない」と答えています。睡眠に満足できている女性はわずか24%で、男性より7%も低い結果となりました。

目次

・76%の女性が「睡眠に満足していない」と回答
・調査概要


D96733 39 3ba385ba045bd2ed591e 1

Sleep01


「睡眠に満足できていない」と回答した人に、睡眠に関する悩みを聞きました。男性の1位が「寝ても疲れが取れない」、2位が「睡眠時間が短い」、3位が「夜中に何度か目が覚める」、女性の1位が「寝ても疲れが取れない」、2位が「睡眠時間が短い」、3位が「なかなか寝付けない」となりました。

D96733 39 cd27e87666870ba4dbd2 3

D96733 39 ee3a59ba72027d083dbe 4


休みの日を除く1日の平均睡眠時間を聞いたところ、男女とも最も多い睡眠時間は「6時間」でした。「3時間以下」「4時間」「5時間」を合わせた6時間以下の割合は、男女ともに6割を超えています。

Sleep03


理想の睡眠時間を聞くと、男女とも「7時間」「8時間」で8割を占めました。

Sleep04


快眠のために購入したい商品を尋ねたところ、男性・女性とも1位が「枕」、2位が「マットレス」、3位が「布団」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.