くらし情報『「 キズができたらまず消毒 」は古い! ジョンソン・エンド・ジョンソンが応急処置の新常識に関する勉強会を実施』

2022年5月7日 07:01

「 キズができたらまず消毒 」は古い! ジョンソン・エンド・ジョンソンが応急処置の新常識に関する勉強会を実施

最新の正しいケア方法を知って、ケガを早くきれいに治そう!

子どもがすり傷や切り傷を負ったら、どう対処していますか?まず消毒して、乾燥させてカサブタにして治していたら、それは古い常識。医療が日々進歩する中、一般の私たちの健康知識もアップデートが必要です。

目次

・最新の正しいケア方法を知って、ケガを早くきれいに治そう!
・あなたはアップデートできてる?ケガの対処の新常識はこれ!
・すり傷・切り傷の手当、正しいのはどっち?
・外出中、靴擦れに気づいたら、正しいのはどっち?
・火傷をしたらまず何をする?
・湿潤療法(モイストヒーリング)の疑問を解決
・まとめ


2598806 m


ジョンソン・エンド・ジョンソンの勉強会は4月21日にオンラインで開催されました。今でも信じられている古い知識と比較しながら最新の常識をアップデートする内容となっていました。

外遊びに適した3~5月は、子どもの事故やケガが増える時期。レジャーで外出する家族が増え、予期せぬケガをしてしまうケースも考えられます。ですが、同社の以前の調査で実際に子どもがケガをしたとき「正しく対処できた」と回答した人はわずか13.9%。

67d8a21a87652f70bb92965c0353be62


Q.あなたやあなたのお子様、知り合いがケガをして、あなた自身が手当てや応急処置の対応をしたときの経験を教えてください。

それ以外の「全く対処できなかった」「処置をしたが正しくできたか不安」「他人にやってもらった」を合わせると86.1%となり、多くの人がケガの対処に不安があることがわかっています。

とはいえ、誰もが経験する身近なケガの対処法は、医学的な根拠がないウワサが浸透していることも少なくありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.