くらし情報『型崩れを防ぐ裏技は? 帽子の洗濯方法と洗えない帽子のお手入れ術』

2019年2月19日 20:00

型崩れを防ぐ裏技は? 帽子の洗濯方法と洗えない帽子のお手入れ術

帽子の洗濯方法

目次

・帽子の洗濯方法
・手洗いの手順
・洗濯機洗いの手順
・帽子を洗濯する前の注意点
・帽子の型崩れを防ぐ裏技
・洗えない帽子はどうする?
・汚れを拭き取る
・ブラッシングもおすすめ
・まとめ
1512445417583


帽子にはハットやキャップ、キャスケット、ニット帽などさまざまな種類があります。そのうち、綿や麻、ポリエステルなど水洗いできる素材であれば、手洗いまたは洗濯機洗いをしましょう。

基本的には手洗いしたほうが型崩れしにくいですが、ニット帽や芯の入っていないつば広帽子は洗濯機洗いをしても形を整えやすいです。

手洗いの手順

【用意するもの】
・洗面器(洗面台に水を溜めて洗うことも可能)
・衣類用中性洗剤
・タオル(バスタオルがおすすめ)
・洗濯のり(のりづけしたい場合のみ)

【洗い方】
1.洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤を溶かします。
2.帽子を浸して、型崩れしないよう優しく押し洗いします。
3.帽子の内側についている汗取りテープ(スベリ)は汚れやすいので、指でなで洗いしましょう。
4.すすぎ洗いをして、帽子についた洗剤をしっかり落としましょう。
5.のりづけしたい場合は洗面器の水を変えて洗濯のりを溶かし、帽子を浸してのりを浸透させてください。
6.軽く水を切ったらタオルの上に乗せ、水分を拭き取ります。脱水の際、雑巾のように絞ってしまうと型崩れしてしまうので、押し洗いのように布を押して水気を切ってください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.