くらし情報『妊娠7ヶ月の才賀紀左衛門パートナー、産院で2回注意され「次行くのが怖いです」』

2022年7月1日 11:21

妊娠7ヶ月の才賀紀左衛門パートナー、産院で2回注意され「次行くのが怖いです」

「前の嫁もその前の嫁もつわりなんてなかった」

目次

・「前の嫁もその前の嫁もつわりなんてなかった」
・「出産までにあと10キロ太れと言われました」
・妊婦のやせすぎにもリスクがある
0701saigaeri01


才賀紀左衛門さんオフィシャルブログより

才賀紀左衛門さんと絵莉さんは6月、新しい命を授かったことを公表。入籍はせず事実婚という形をとるとのことで、現在は才賀さんの娘と絵莉さんの3人で暮らしています。

絵莉さんは妊娠がわかる少し前から体調が優れず、妊娠判明後は重いつわりに苦しんでいたといいます。“トイレと親友”と表現するほど嘔吐がひどく、「安定期に入ったらすっかり治るものだと思っていたのに、6ヶ月に入っても毎日のように嘔吐。どうせ吐くし食べたくない、と夜ご飯はゼリーやキウイだけだったり」。

もっともひどいときは、「吐きたいような気持ちはあるが全く吐けず、食べ物はおろか飲み物すら受け付けない」「常に口の中によだれが溜まっている感じがして、食べると気持ち悪くなって動けなくなる」「頭痛が一層ひどくなり、3日間寝込んだこともありました」と、壮絶なつわり地獄でした。

そんなパートナーに才賀さんは「前の嫁もその前の嫁もつわりなんてなかった。オカンも『こんな早くからつわりなんてあって大丈夫なの?』言うてるで。」と……。

絵莉さんはそのときのことを、「他にもたくさんのことを言われた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.