くらし情報『特別な道具は必要なし! 乾電池の残量が一瞬でわかる裏技って?』

2019年1月17日 16:30

特別な道具は必要なし! 乾電池の残量が一瞬でわかる裏技って?

乾電池の残量を確認するには?

目次

・乾電池の残量を確認するには?
・乾電池の残量の調べ方
・乾電池を調べるときの注意点は?
・乾電池の取り扱いについて
・保管方法で寿命が変わる?
・乾電池の処分方法は?
・まとめ
825453938


引き出しや道具箱のなか、家のあちこちに乾電池が散らばっていませんか?乾電池は未使用品と使用済み品との区別がつきにくいアイテムです。捨てるべきか、とっておくべきかを決めかねて困っている方も多いのでは?

残量があるかどうかわからないことには乾電池を捨てることができません。使う場合でも、思っていたよりも残量がなくていざというときに役に立たないというのも困りものです。

そんな日常のストレスを、簡単に解消する方法をご紹介していきます。乾電池の残量を調べるための特別な道具は必要ありません。用意するものは乾電池だけ!

乾電池の残量の調べ方

942370656


テーブルから数センチぐらいの高さのところで、乾電池のプラス極を上に向けた状態で手持ちしてください。そこからまっすぐ下に落とせばOKです。

もし乾電池が未使用品であれば、ほとんど飛び跳ねずに自立するはずです。逆に、使い古して残量がない乾電池であれば、倒れて転がってしまいます。

未使用の乾電池の中身はゲル状になっています。そのため、机に落下した際の衝撃がうまく吸収されて、飛び跳ねにくい(自立する)というわけです。

逆に、使用して中身がなくなった乾電池は、内部が硬化してしまっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.