くらし情報『収納で失敗しない! ファイルボックス選びの5つのポイント』

2018年12月25日 11:00

収納で失敗しない! ファイルボックス選びの5つのポイント

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

今やいろいろなメーカーで販売されているファイルボックス。一見同じように見える物もあり、「どれを買おうか迷う」「何を基準に選べばいいのか分からない」というご相談も伺います。

目次

・ファイルボックス選びのポイント5つ
・ポイント①:縦型vs横型
・ポイント②:中身が見えるvs中身を隠す
・ポイント③:立ち上がり部分があるvsない
・ポイント④:幅が広いvs狭い
・ポイント⑤:同じ色で統一vs色を使い分ける
・ファイルボックスを選ぶ時に重視したいこととは?
・まとめ


たかがファイルボックス?いえいえ、ファイルボックス一つでも、選び方次第ではとても使い勝手の良い収納や仕組みを作ることができるんです!

せっかく何個も買って揃えたのに、使いこなせない……使い勝手が悪い……とならないために、ファイルボックス選びのポイントや基準をお伝えします。

ファイルボックス選びのポイント5つ

ポイント①:縦型vs横型

O3075302414140129301


ファイルボックスを選ぶ時に考えたいのが、縦型にするのか、横型にするのか、ということです。

横型:上から書類を取れるようになっているもの。側面の高さがすべて同じになっているものが多い


縦型:横(側面)から書類が取れるようになっているもの。側面の一部(前面)の高さが低くなっているものが多い。

収納したい場所と、ファイルボックスのサイズが合う・合わないということもあるでしょう。

例えば、座った状態でデスクの一番下の引き出し内にしまっている書類を取り出す場合は、上から見渡せる横型のファイルボックスが◎。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.