くらし情報『包丁の切れ味を復活させる! 刃物のお手入れ方法とは?』

2019年3月6日 17:30

包丁の切れ味を復活させる! 刃物のお手入れ方法とは?

包丁の切れ味を復活させる方法①:アルミホイルを切る

目次

・包丁の切れ味を復活させる方法①:アルミホイルを切る
・アルミホイルを包丁で切る
・なぜアルミホイルで切れ味が復活するの?
・包丁の切れ味を復活させる方法②:茶碗の裏で研ぐ
・砥石代わりに、茶碗の裏が使える!
・包丁を研ぐときのコツ
・裏技は、あくまでも応急処置
・包丁の切れ味の良さを維持するには?
・衝撃を吸収するまな板を使う
・硬いものを無理やり切るのはNG
・濡れた状態で放置しない
・まとめ
1471111471478

アルミホイルを包丁で切る

包丁のお手入れ方法で最も簡単なのが、家庭にあるアルミホイルを使う裏技です。包丁でアルミホイルを切るだけで切れ味が復活するので、すぐ実践しやすいのがポイント。

【用意するもの】
・包丁
・アルミホイル

【やり方】
1.アルミホイルを適当な大きさにカットして丸めます。
2.包丁でアルミホイルを切りましょう。

アルミホイルを複数回切ったら、野菜や肉などを切って切れ味を確認してみてください。

なぜアルミホイルで切れ味が復活するの?

アルミホイルはその名の通り、アルミニウムから作られています。アルミニウムは柔らかい金属の一種で、固体から液体に変わる温度が低いという性質を持っています。そのため、刃物でアルミニウムを切ると摩擦熱によってアルミニウムが溶け、刃物にできた小さな傷に入り込んで表面をなめらかに補修してくれるのです。

アルミニウムを使った裏技は包丁だけではなく、切れ味の悪いハサミでも同じような効果が期待できます。ハサミの切れ味を良くしたい場合は、丸めたアルミニウムだと切りにくいので、丸める前の状態で複数回切ってみてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.