くらし情報『やってはいけない! メラミンスポンジでの掃除の注意点』

2019年1月15日 19:30

やってはいけない! メラミンスポンジでの掃除の注意点

目次

・メラミンスポンジとは?
・メラミンスポンジで掃除するとNGなもの
・フローリング
・人やペット
・プラスチック製品
・車
・メラミンスポンジで掃除していいもの
・陶器
・ガラス
・洗面所
・トイレ
・まとめ
Dsc00827


洗剤いらず、ささっとこするだけで、さまざまなものをピカピカにできるメラミンスポンジ。私も家の至る所に置いていて、すぐ取り出してお掃除できるようにしています。手軽になんでも綺麗にできそうですが、使ってはいけない場所や物があることはご存知ですか?メラミンスポンジについてきちんと理解し、正しく楽しいお掃除を始めましょう!

メラミンスポンジとは?

Dsc00812


そもそもメラミンスポンジとは、一体何なのでしょうか?

メラミンスポンジはメラミンフォームとも呼ばれ、メラミン樹脂という硬度の高い樹脂をミクロン単位で発泡させてできています。メラミン樹脂を発泡させたときにできた無数の網の目の中に汚れをかき取って、こすった部分を綺麗にしています。

つまり、メラミンスポンジでのお掃除は汚れを雑巾で拭き取るようなものではなく、汚れを削っているのです。だから、洗剤がなくてもこするだけでピカピカにできるんですね!

一見ふわふわして見えるメラミンスポンジですが、実は原料のメラミン樹脂は硬度の高い樹脂です。無数の網の目で汚れを「かき取る」原理なので、それなりの硬さがあります。

そのため、メラミン樹脂よりもやわらかい場所や物をメラミンスポンジでこすると、細かな傷ができてしまうのです!せっかく綺麗にしても傷がついてしまうのでは残念ですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.