くらし情報『冬至に運を呼び込む! かぼちゃ白玉ぜんざい【二十四節気の時短レシピ】』

2018年12月22日 18:00

冬至に運を呼び込む! かぼちゃ白玉ぜんざい【二十四節気の時短レシピ】

このことから、長く辛い日々が終わり福がやって来る、物事が良い方向に進む、めでたいことが再びくることを一陽来復というようになりました。ですので、一陽来復は、福が来る日と考えても良いのかもしれませんね。

「冬至」の頃に食べたい食材のポイント

冬至に運を呼び込む! かぼちゃ白玉ぜんざい【二十四節気の時短レシピ】


冬至に食べたい運のつく食べ物を紹介します。

七草には、春の七草と秋の七草とがありますが、冬至の時には冬至の七種(ななくさ)というものがあるんですよ。この七種は、“ん”が2つ付く食べ物を良しとしています。

・南瓜(なんきん)=かぼちゃ
・人参(にんじん)
・蓮根(れんこん)
・銀杏(ぎんなん)
・金柑(きんかん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うんどん)=うどん

これら7つを食べるのが良いともされているんです。
これらは“ん”が倍つくことから、運盛り(うんもり)の食べ物とされ、“ん”は、いろはにほへと、が“ん”で終わることもあり、ここにも一陽来復の願いが込められてもいるのです。

注目の食材「かぼちゃ」と「小豆」

1064157982


今回のおすすめ食材は、やはり運のつくかぼちゃと小豆の冬至コンビです。

運盛りの食べ物は、縁起担ぎだけではなく、栄養価としてもちゃんと意味があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.