くらし情報『収納力が倍増! 簡単なボトムスのたたみ方と取り出しやすいハンガー術』

2019年1月6日 11:00

収納力が倍増! 簡単なボトムスのたたみ方と取り出しやすいハンガー術

こんにちは!SPACE PLUS+東京の整理収納アドバイザーの斉藤夏枝です。

クローゼットの収納がうまくいかない……というお悩み。洋服をたくさんお持ちの方は特に、かさばる洋服を収納するのは多くのスペースを必要とします。

目次

・「つるす収納」「たたむ収納」それぞれのメリット・デメリット
・「つるす収納」のメリット・デメリット
・「たたむ収納」のメリット・デメリット
・「たたむ収納」は、パンツのたたみ方次第で収納力がUP!
・「つるす収納」では、パンツ収納にオススメなハンガーを使用
・「つるす収納」で、スカート収納にオススメなハンガーはこちら
・まとめ


しかし、収納方法はたった2つしかありません。

それは「つるす収納」か「たたむ収納」かということ。どちらにもメリットやデメリットがあります。

「つるす収納」「たたむ収納」それぞれのメリット・デメリット

収納力が倍増! 簡単なボトムスのたたみ方と取り出しやすいハンガー術

「つるす収納」のメリット・デメリット

まず、「つるす収納」のメリットは使いやすく戻しやすいこと。

また、しわになりやすいものはつるしておけば、しわや折り目の予防になります。洗濯物をハンガーにかけて干し、乾いたらそのままクローゼットへ、なんていうことも可能です。

しかし、「つるす収納」はデメリットもあります。

一つひとつハンガーにかけていくということは、一定数のハンガーも必要ですし、何よりもハンガーバーがないと洋服をかけられません。必然的にかけられるスペース(容量)が決まってしまいます。たくさんのものを収納できませんよね。

「たたむ収納」のメリット・デメリット

続いて、「たたむ収納」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.