くらし情報『服が散らからないコツ! 子どもが服を片付ける魔法の声かけとは?』

2019年1月21日 16:30

服が散らからないコツ! 子どもが服を片付ける魔法の声かけとは?

子どもの服が部屋に脱ぎっぱなしになっていたり、洗濯をするときに服が裏返っていて直したり、といったことはありませんか?忙しい時間に限ってそんなイライラする出来事が重なって、思わず怒鳴ってしまったなんてことも……。

そんなお悩みを解決できる魔法の声かけがあります!ちょっと試してみませんか?

・子どもが自分で服を畳めるようになる魔法の声かけ!
・【実例】子どもが自分で服を片付ける“声かけ”の仕方
・子どもが「ケーキ」を作るメリット
・部屋の整理整頓になる
・小学校の体育の授業で役立つ
・洗濯物の裏返りを直す手間が省ける
・朝の支度の準備が一人でできる
・まとめ

子どもが自分で服を畳めるようになる魔法の声かけ!

やり方はいたってシンプル。「ケーキを作る」ように、子どもに服を畳んでもらい、積み重ねていきます。

925988728


脱いだ服を「散らかさずにケーキにしてね」と言うのもいいですし、タンスから出した服で「ケーキを作ろう」と声をかけるのもアリです。大事なのは、「服は畳んで置いてあるもの」という認識作りから始めることです。

身を美しくすると書いて「しつけ」と読むように、服を畳むといった身の回りを綺麗にするということはしつけの第一歩です。子どもたちが楽しく「ケーキ」を作るだけでしつけができるなら、大助かりですよね。

【実例】子どもが自分で服を片付ける“声かけ”の仕方

では実際に「ケーキ」を作っていきましょう。今回は「タンスから出した朝の着替えケーキ」です。

Dsc00857 2


「まずはケーキのスポンジ(ズボンとシャツ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.