くらし情報『溜まる子どもの作品どうしてる? 整理の基準と収納のコツ』

2019年3月10日 11:00

溜まる子どもの作品どうしてる? 整理の基準と収納のコツ

目次

・子どもの作品を「残す基準」と「手放す基準」
・横にも縦にも!IKEAアイテムで子どもの作品収納
・子どもの作品の保管を楽にするコツ
・持ち帰ってきた作品はまず飾ろう!
・「ここに入るぶんだけ」という収納の枠を決める
・まとめ
999101268


こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

子どもが幼稚園や学校から持ち帰ってくる作品、みなさんはどのように整理・保管されていますか?

・スペースがあるうちは全部取っておきたい。
・写真にとって処分している。
・思い入れのあるものだけ残すようにしている。

人によって、残す基準、手放す基準はそれぞれで正解も間違いもありません。

ですが、片づけサポートではお悩みとして、スペースから溢れてしまったので保管方法を見直したい、家のあちこちに学校から持ち帰ったままの状態で点在してしまっているので整理したい、というお話も伺います。

今回は、実際に我が家で実践している整理方法や保管方法についてご紹介します。

子どもの作品を「残す基準」と「手放す基準」

溜まる子どもの作品どうしてる? 整理の基準と収納のコツ


誰のために作品を残すのかによって、整理する基準も変わってきます。

お子様が小さな時に保育園や幼稚園で作ってきた作品をずっと保管されている場合、親の方は思い入れがあるけど、子ども自身は覚えていなかったり、あまり興味を示さなかったりする作品もあるかもしれません。

反対に、小学校で頑張って作ったものや何か賞をもらった作品、ご両親へのプレゼントとして作ってくれた作品などは、保管するだけでなく、飾ってみるのも良いですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.