くらし情報『不用品の処分はどうする? 粗大ごみ処分を自治体に依頼する方法』

2019年3月9日 16:30

不用品の処分はどうする? 粗大ごみ処分を自治体に依頼する方法

ライフオーガナイザー®︎の門傳奈々です。

気候も穏やかに暖かくなるこの時期、整理整頓のモチベーションが上がってくる方も多いのではないでしょうか。また、進学や転勤に伴う引越しの準備に、お部屋を整理する方もいるでしょう。

目次

・粗大ごみのサイズはどのくらい?
・捨てる前に考えて!不用品交換システム
・捨てるとなったらどうする?粗大ごみの回収手順
・手順①:粗大ごみ受付センターに連絡する
・手順②:粗大ごみ処理券を購入する
・手順③:指定された日に粗大ゴミを出す
・粗大ゴミを自治体に回収してもらうメリットとデメリット
・メリット
・デメリット
・これどうする?自治体で回収してもらえない粗大ごみ
・まとめ


そんな掃除などで出た不用品の中でも処分に困るのが、一般ごみとして出せない大型の粗大ごみ。

ゴミの収集日に出せる一般ごみと違い、粗大ゴミは「部屋の中から収集場まで移動するのが大変」「回収日が決まっている」「処分するのに料金が発生する」「そもそもどこに依頼すればいいかわからない」などのお悩みがありますよね。

今回は、自治体に粗大ごみの処分を依頼する場合の手順や、自治体に依頼するメリット・デメリットをご紹介します。

粗大ごみのサイズはどのくらい?

937089030


粗大ごみのサイズとして一般的にいわれているのが「一番長い部分の長さが30cmを超える大きいもの」です。

また、「家庭ごみや資源ごみとして出せない家具、家電など」も粗大ゴミとして扱います。

捨てる前に考えて!不用品交換システム

Hp fuyouhin mihon


東京都中央区で使用されている「不用品交換システム」の申し込みハガキ

粗大ごみを捨てるまでに時間的な余裕がある場合は、自治体で行われることの多い「不用品交換システム」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.