くらし情報『不用品の処分はどうする? 粗大ごみ処分を自治体に依頼する方法』

2019年3月9日 16:30

不用品の処分はどうする? 粗大ごみ処分を自治体に依頼する方法

手順③:指定された日に粗大ゴミを出す

粗大ごみ受付センターから指定された回収日になったら、指定の場所(ごみ収集所など)に粗大ごみを搬出します。

粗大ゴミを自治体に回収してもらうメリットとデメリット

960711674

メリット

自治体が回収しているという安心感や、処分にかかる費用が安価で済む、ということがメリットとしてあげられます。そのため、不当に料金を請求されることもなく、またきちんとした方法で処理してくれるので安心です。

デメリット

499339050


一方、重たい粗大ゴミを自分で回収場所まで持ち運ばなくてはならないことや、受付から回収してもらえる日までに、タイムラグがあることがデメリットと言えるでしょう。

これどうする?自治体で回収してもらえない粗大ごみ

994964244


粗大ごみを自治体に回収してもらう上で注意したいのが、自治体では回収できないごみがあるということです。具体的には、家電リサイクル法の対象品目やパソコンです。

家電リサイクル法により、家電4品のエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は、自治体が粗大ごみとして収集できなくなりました。

パソコンも自治体で回収してもらえません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.