くらし情報『片付けができる子どもに育てたい! ママのための2つのヒント』

2019年3月16日 19:30

片付けができる子どもに育てたい! ママのための2つのヒント

片付けができると、どんな大人に育つ?

こんにちは!SPACE PLUS+ 東京の整理収納アドバイザーの斉藤夏枝です。

片付けができる子どもになってほしい、でも、現実は違うからイライラして、子どもにきつい言葉をかけてしまう……なんてことはありませんか?私も同じ経験を持っています。

目次

・片付けができると、どんな大人に育つ?
・子どもが片付けられない3つの原因
・【1】片付け方を知らない
・【2】モノがありすぎ
・【3】片付けの仕組みができていない
・ヒント(1):児童館の片付け方法を参考にしてみよう
・片付けをするルールになっている
・片付けしやすい仕組みができている
・ヒント(2):子どもの片付けの目標を、最初から高くしない
・まとめ


では一体、なぜ片付けができる子どもになってほしいのでしょうか?

1015708174


片付けというのは、モノが必要か必要でないかをジャッジする「判断力」の育成につながります。

また、最後まで片付けをやり遂げるためには「実行力」もいるし、「大変なことからも逃げない姿勢」も必要ですよね。

毎日やるという「習慣作り」も大切です。

片付けを通して、将来独り立ちするための「生活力」を鍛えていくことができるんです。

子どもが片付けられない3つの原因

1017309510


いくら「片付けなさい!」と毎日キーキー言っても、子どもが片づけられない原因が3つあります。

【1】片付け方を知らない

「片付けなさい」と言われても、そもそも片付け方を教えてもらっていないのが現代の子ども。

昔の子どもはモノが少なかったので、片付けるという必要がなかったのです。しかし、現代の子どもたちは、ネットショッピングや100円ショップ、コンビニという存在が身近にあり、簡単にモノが手に入る時代なので、部屋がモノであふれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.