くらし情報『思い出の服こそ買取サービスを利用する! プロが教える手放し方』

2019年4月7日 11:00

思い出の服こそ買取サービスを利用する! プロが教える手放し方

こんにちは、広島市のライフオーガナイザー®木原ことのです。

一生モノの服、という考えは私においてはありません。なぜなら、どんな服もいつかはお別れの時が来るはずだから。

目次

・なぜリユースを選ぶの?
・気持ちよく服を手放す心の儀式
・査定の結果
・買取できる・できないの調べ方
・まとめ


だけど店員さんとお話をして、時には何度かお店へ足を運んで、試着を重ね、丁寧に包装されて、私のところへやってきた服。

だからこそ、手放す時には出来るだけ、きれいにしてあげたいと思っています。大切に使って、丁寧にお手入れをして、心を込めて手放します。

人それぞれ「モノを大切に扱う」ということについて、いろいろな考え方がありますね。例えば、Tシャツをカットしてウエス(使い捨て古布)にして掃除に使って使い切る、ということも、リユースのひとつのやり方です。

ですが、私はいつも次を想像できる状態で手放すことを選びます。次に使ってくださる方が気持ちよく受け取ってくださるようにと考えて、手放します。「今までありがとう」の気持ちを込めて。

なぜリユースを選ぶの?

856564654


例えば伸びきってしまったり、擦り切れてしまったり、色が抜けてしまったり。近くのリサイクルショップへ持ち込むことも気が引けるような服は、もう処分しかありません。

以前リサイクルショップを訪れた時に、買取受付で何袋かのゴミ袋(中身はもちろん衣類)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.