くらし情報『GWはお片づけ! 専門家が教える本の整理と手放し方4つの方法』

2019年4月29日 11:00

GWはお片づけ! 専門家が教える本の整理と手放し方4つの方法

なかなか捨てられないモノの一つ「本」

目次

・なかなか捨てられないモノの一つ「本」
・本の手放し方4つ
・リサイクルショップなどの業者を使う
・フリマアプリで販売する
・図書館や保育所などに寄贈
・資源ごみとして捨てる
・手放す本を選ぶときのポイント
・本を手放すときのチェックリスト
・旅行情報誌などの情報系はどんどん手放そう
・積ん読(つんどく)になって読んでいない本は手放そう
・読みかけから全く進まない本は手放そう
・もう一度買い直してでも手元に置きたい!と思えない本は手放そう
・本棚からはみ出してしまったら見直す
・図書館を利用してみる
・電子書籍を利用してみる
・まとめ
38e06673 5d6b 4e4d ae8d 44473237209a 9624 0000058168e70169


こんにちは。整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。

片付けのお手伝いをしている時、お客様が処分に悩むモノの一つが「本」です。

本は読んだだけでは大きく劣化したりしませんし、「また読むかも?」と思うと処分するのもためらわれる……。結果、どんどんと冊数が増えていき、保管場所にも困ってしまいますよね。

読みたい本が次々に発売されると、本好きであればあるほど、あっという間に本棚がいっぱいになってしまうもの。

本の手放し方4つ

本の手放し方は大きく分けて4つ。

リサイクルショップなどの業者を使う

978437488


店頭に持っていく、段ボールに詰めて宅配で買い取ってもらう、家に査定に来てもらうなどの方法があります。

どの方法も一度に大量に引き取ってもらえるので、大量の本を簡単に処分できます。ただし、お値段は期待できません。

フリマアプリで販売する

1029185928


最近はバーコードをかざすだけでその本のタイトルが入力されるなど、本の出品はとても簡単になりました。

ただし、一冊ずつ梱包、発送する手間がかかります。また、出品料や送料などを考えると、手間の割に値段が安いのがネック。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.