くらし情報『ニトリのカラーボックスが使える! 我が家のキッチン収納実例』

2019年3月23日 16:30

ニトリのカラーボックスが使える! 我が家のキッチン収納実例

こんにちは!整理収納アドバイザーの三吉まゆみです。

収納家具として便利なカラーボックス。価格もプチプラで、日常で使うさまざまなものの収納スペースとして愛用している方も、多くいらっしゃいます。縦にも横にも使うことができるので、最近ではDIY家具のベースとして、カラーボックスを使う方もいらっしゃるとか。

目次

・ニトリの「カラボ」とは
・①サイズ展開が豊富
・②棚板が移動できる
・③外側にもダボ穴が空いている
・④オプションパーツがある
・カラボを使った我が家のキッチン収納を公開
・まとめ


そんな収納家具の定番ともいえるカラーボックスですが、最近特に使いやすいと人気なのが、ニトリの「カラボ」。

各メーカーからカラーボックスは販売されていますが、なぜニトリのカラボが人気なのか?おすすめポイントとともに、我が家でもキッチンに取り入れているカラボの使い方をお見せします!

ニトリの「カラボ」とは

947845300

①サイズ展開が豊富

ニトリのカラボはまず、サイズ展開が豊富という特徴があります。

幅が
・22cm幅(スリムサイズ)
・42cm幅(一般的なサイズ)
・61cm幅(ワイドサイズ)
・44cm幅(変形二列)
・30cm幅(コーナータイプ)
のタイプに分けられます。

高さも59cm~174cmまで展開されているので、収納スペースや収納したいものに合わせて選ぶことができます。

②棚板が移動できる

わたしがニトリのカラボを選んだ最大の理由でもあるのですが、棚板を好きな位置に移動できるので、収納したいものに合わせて棚の高さを変えられるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.