くらし情報『10年後でも使える! 洗濯家事に便利なステンレス製ピンチハンガー』

2019年3月31日 21:30

10年後でも使える! 洗濯家事に便利なステンレス製ピンチハンガー

※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

我が家のピンチハンガー事情

目次

・我が家のピンチハンガー事情
・プラスチック製vsステンレス製
・メリット
・デメリット
・ピンチハンガー、どちらが向いている?
・長く使えるステンレスハンガー
・失敗したステンレス製のハンガーも!?
・まとめ
20181117 002904799 ios


推定15年は使っていた大木製作所のステンレス製ハンガー。ピンチの取り付け方が今の物とは違っています。

いつもご覧頂きありがとうございます!
南の島でお片づけ整理収納アドバイザーの川根礼子です。

陽射しが強い、沖縄住まいの我が家。

洗濯物干場に屋根はついているものの、プラスチックのピンチハンガーはすぐに日光によって劣化してしまい、パキパキと割れてしまいます。ピンチが1つ、2つ……と壊れて取れていくのですが、まだ使えるかも!?と、替え時がなかなか難しい!

手間をかけてピンチを追加していた時期もありましたが、次第に面倒になり、干せるピンチの数も限られてきてしまい、プチストレスになっていました。

その上、外干しオンリーなのに白いハンガーが好きだったので、汚れが付きやすくお手入れも面倒!

洗濯物を干す環境や気候にも左右されると思いますが、我が家では1年も経たずに使えなくなってしまい、買い替え……というサイクルのもと、長年プラスチックのピンチハンガーを使っていました。

一方、フェイスタオルを干す用として使っているステンレス製のピンチハンガーは、かれこれ10年以上は使っている物!以前住んでいた借家の前の住人の方が残してくださったハンガーをそのまま使い続けていたので、もしかすると15年以上は経っているかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.