くらし情報『"ママだけが頑張る"のはおしまい! 時短家事になる効率化の方法』

2019年4月15日 11:00

"ママだけが頑張る"のはおしまい! 時短家事になる効率化の方法

家事の効率化①:洗濯の下準備は本人が行う

こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

洗濯を面倒だと思う理由のひとつに、Yシャツやブラウスの襟や袖の汚れの対処、手洗いのものを別にする、同じ靴下を組み合わせるなどの仕分けがありますよね。

目次

・家事の効率化①:洗濯の下準備は本人が行う
・靴下はセットにして洗濯機へイン
・襟・袖汚れ落としは本人の仕事にする
・デリケート素材は、ネットに入れておく
・家事の効率化②:風呂場はぶらさげ収納で汚れ予防
・家事の効率化③:シンクまわりの"当たり前"を見直す
・備え付けの洗剤ラック
・三角コーナー・洗い桶
・排水口バスケット
・まとめ


洗濯物は毎日のことだけに、全部を1人でやるのは大変です。お子様の年齢にもよりますが、ママがやるのが当たり前とするのではなく、できることから少しずつ本人に任せてみるのはいかがでしょうか?

わが家では、家族に手伝ってもらうことにより、洗濯を効率よくまわしています。

家族にやってもらうようになったことは、大きく3つ。これだけでも、かなり家事の時短になりましたよ。

931243436

靴下はセットにして洗濯機へイン

洗濯を干す時や取り込んだ時に、子どもの靴下が「片方だけない」なんて経験はありませんか?また、3人の娘がいるわが家では、高校1年の長女と中学1年の次女の靴下の見分けがつかずに困ることがあります。さらに3歳三女の靴下は小さくて、すぐどこかに紛れてしまいます……。

そこで、取り入れているのがキャンドゥで購入した「くつ下洗いの三兄弟」です。

"ママだけが頑張る"のはおしまい! 時短家事になる効率化の方法


出典:https://aika-katazuke.com/

こちらは、輪の部分を外すと洗濯バサミのように挟めるようになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.