くらし情報『失敗から学んだ! 子どもの作品の飾り方と保管方法』

2019年4月6日 16:30

失敗から学んだ! 子どもの作品の飾り方と保管方法

子どもの作品整理、まずは本人の気持ちを確認しよう

こんにちは、ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

実は「子どもの作品をどうするか?」を考えはじめたことが、片づけのプロになろうと思ったきっかけのひとつでもあります。

目次

・子どもの作品整理、まずは本人の気持ちを確認しよう
・作品を"こっそり"捨てていた時期
・子どもの作品の扱い方
・玄関に飾るスペースを
・階段や廊下を子どもの作品展に!
・財布や手帳に入れて持ち歩く
・思い出の作品の保管方法
・必要なのは「子どもか?親か?」を明確にする
・一定期間の保管が判断しやすさに変わる
・まとめ


親が持っているモノの持ち方や考え方は、子どもにも大きく影響するのではないかと思っています。

まずは、子どもの作品を整理するうえで、"きれいな状態"を勘違いしていた私の失敗をご紹介いたします。

922548608

作品を"こっそり"捨てていた時期

いつも部屋をきれいにしている人を見て、同じようにできない自分を責めてしまった経験はありませんか?

私は、子どもが小さかった頃、片づけ本や片づけの特集が載っている雑誌を読みあさっていた時期があります。きっかけは、きれい好きの親戚から「片づけは子どもが小さなうちに覚えさせなさい」と言われたこと。自分が片づけできないと、子どももできなくて将来的に困ることになると思いました。

床に物がないきれいな状態を作るため、ものは収納家具に押し込み、子どもが毎日のように保育園から持ち帰る作品やお手紙は、子どもに見つからないように一旦紙袋などに入れてからゴミ袋に入れるという、姑息な手段をとって、なんちゃってキレイな状態を作り上げました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.