くらし情報『「手放す」を習慣にする断捨離術! 一日一捨に挑戦してみた』

2019年4月22日 11:00

「手放す」を習慣にする断捨離術! 一日一捨に挑戦してみた

目次

・一日一捨の自分ルール
・一日一捨を通しての気付き
・1.家族にも影響がある
・2.捨てるきっかけを待っていた
・3.収納を見直すチャンス
・4.決断力がつく
・5.手放し方は捨てるだけではない
・6.仲間がいることで習慣化できる
・7.使っていない理由に気づく
・まとめ
914826124


こんにちは!整理収納アドバイザーの三吉まゆみです。

日頃インスタグラムを使って発信したり、いろいろな方のpostを見て楽しんでいるわたしですが、最近よく「#一日一捨」というハッシュタグを見かけるようになりました。

厳密にこれ!というルールはなく、一日一つモノを手放す方もいれば、個数関係なく一日一回モノを手放す方、捨てるだけではなく、売ったりリサイクルに出したりと、自分ルールで皆さんモノを手放すことを楽しんでいるようです。

整理収納アドバイザーとして活動しているわたしですが、「まだまだ減らせるものはあるのかも?」と思い、1カ月限定で一日一捨を実践してみました!

この1カ月を通して感じたこと、変化をレポートしたいと思います!

一日一捨の自分ルール

まずは自分の中でのルール決め。

わたしは「一日ひとつ」とは決めず、手放せるなら個数関係なく手放すことにしました。

一日ひとつに決めてしまうと、手放したいものがその日にたくさんあった場合、どんどん持ち越しにしなくてはいけなくなるため、モチベーションを保つためにも「個数は関係なく一日一回何かを手放す」としました。

また、捨てるだけでなく、売る・リサイクルに出す・譲るもOKとしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.