くらし情報『すぐ手に取れる仕組みがカギ! 掃除グッズの収納法』

2019年5月3日 19:30

すぐ手に取れる仕組みがカギ! 掃除グッズの収納法

家族誰もが手に取りやすい仕組みにすることで、日々の「ちょこっと掃除」を家族にもやってもらえるという効果があります。

我が家では夫も6歳の子どもでも簡単に手が届き、掃除ができる仕組みを作っています。

使う場所の近くに置いておく

1


例えば、洗面室のシンク下。扉の裏側にフックを貼り付けて、コロコロを掛けています。

埃や髪の毛などが気になった時に、掃除機を使わなくてもサッと掃除できる状態にしています。

あえて出しっぱなしにしておく

3


リビングには、マキタのコードレス掃除機を置いています。コードレス掃除機もしまい込むと、誰も取りに行かなかなったのですが、出しっぱなしにしておくことで、毎日家族のだれかが手に取って掃除するようになりました。コードレスは本当に手軽に使えるので、小さな子どもでも使いやすいようです。

2


そして廊下収納には、モップとウェットシートを置いています。

ウェットシートも収納ボックスに入れて隠すよりも、そのまま棚に置いておくことで、分かりやすくなり、掃除の頻度が上がるだけでなく、ストック管理もしやすくなりました。

ひとつひとつのアイテムに辿り着くまでの手間をできるだけ楽にすることで、家族も気になった時にさっと掃除をしてくれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.