くらし情報『すぐ手に取れる仕組みがカギ! 掃除グッズの収納法』

2019年5月3日 19:30

すぐ手に取れる仕組みがカギ! 掃除グッズの収納法

引出内を整理する

2018 07 29 23 47 22


キッチンでは一つの引出しに、スポンジやゴミ袋、ゴム手袋、コンロの換気扇フィルターの予備など、細々したものを一括収納しています。

ザックリ入れているだけだった時は、引出しを開けてもそれぞれのアイテムに定位置がなかったため、毎回がさごそ探しては取り出すという手間がかかっていました。

そこで空間を適度に仕切って、必要なものにはラベリングをするなど、引出しを開けると誰でも一目で分かるようにしました。

そうすることで、毎回ものを探すこともなくなり、キッチンスポンジや換気扇フィルターを定期的に交換する習慣ができたり、汚れが気になった時に都度掃除するようになり、年末大掃除のストレスがなくなりました。

掃除道具を手に取りやすくした効果を実感しています。

まとめ

掃除グッズを手に取りやすくすることは、家の片づけにも効果があります。

掃除をする=ものを出したり元に戻したりするので、整っていないとすぐに散らかってしまう可能性があります。

掃除の頻度が高くなると、出し戻しが多くなるので余計に散らかりやすくなり、散らかったことにより掃除をしなくなるという悪循環を作ってしまうことも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.