くらし情報『洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】』

2019年5月8日 11:00

洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】

マスターライフオーガナイザー®のはやさかひろみです。

みなさん突然ですが、洗濯は好きですか?

目次

・洗濯が面倒なのはなぜ?
・洗濯の仕組みを見直してみよう
・動線を見直す
・収納場所を見直す
・収納方法を見直す
・わが家でやっている洗濯の仕組み
・まとめ


「洗濯干すのは好きなんだけど、畳むのが苦手……」「畳むまではいいんだけど、その後しまうのが面倒……」など、洗濯とひとことで言っても、やることはさまざまです。家族の人数に比例して大変な作業も増えてしまいがち。

当たり前のようにやっている家事、洗濯。この毎日の衣類の扱い方を見直してちょっと工夫をするだけで、毎日の洗濯家事が楽になるかもしれません。

今回は、そんな洗濯・衣類収納の仕組みを考えるポイントをお伝えします。

洗濯が面倒なのはなぜ?

1134696879


家事の中でも洗濯が面倒なのは、なぜなのでしょう?それは、やることが複雑で手順が多いからなのです。

【1】服を脱ぐ
洗濯機の場所に持っていく→洗濯機に入れる→洗剤を入れる→洗濯機をセットして洗濯する

【2】洗濯機から出す
カゴなどに入れる→物干し場に持って行く→ハンガーやピンチを使って干す

【3】乾いた洗濯物を取り込む
人別にわける→それぞれ畳む→それぞれの収納場所へ運ぶ→引き出しなどにしまう

このように、大まかに分けて3つの段階に分かれ、さらにそれぞれの段階ごとに複数の行動を伴います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.