くらし情報『洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】』

2019年5月8日 11:00

洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】

それなら「物干し場→わけて畳む場所→それぞれの収納場所」の動線をできるだけ短く簡単にすることができると、洗濯がグッと楽になるかもしれません。

収納場所を見直す

507457122


クローゼットやタンスが置いてあるから、そこが衣類の収納場所、と思い込んでいませんか?

使う場所から遠い、使いにくい収納だったとしても、そこが衣類の収納場所だからと何の疑いもなく収納していないでしょうか?

「収納があるからそこに収納する」という考え方では、家や家具に合わせて暮らすことになってしまいます。そこに住む人の使い方に合わせて、家具や収納を配置するのが本来の住まいなはず。

知らないうちに家具に合わせた暮らしになっていないか、見直してみてください。

収納方法を見直す

180411917


洗濯物を人別にわける→それぞれ畳むなどの動作は、なぜやっているのでしょうか?

洗濯物って、そうするものでしょ?という声が聞こえてきそうですが(笑)、次に使う時に楽なように?収納スペースが少ないから?など、何かをするには理由があるはずです。

もし特に理由もなく、「そうするものだと思っていた」としたら、見直してみるといいかもしれません。衣類は畳んでしまうという決まりはありませんから、ハンガーにかけたまましまったり、カゴに丸めてポイッと入れるだけでもOK

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.