くらし情報『洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】』

2019年5月8日 11:00

洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり【時短家事テク】

見た目がきれいな収納でも、毎日大変な思いをしないといけないのでは維持ができません。大切なのは、毎日無理なくできて、使う時に使いやすいことだと思います。

わが家でやっている洗濯の仕組み

1047498432


わが家の洗濯・衣類収納の仕組みをご紹介します。

以前は、
「洗濯機→物干し場の和室→和室で人別にしながら取り込む→その場で畳む→それぞれのクローゼットへしまう」
という流れで作業していました。畳む、まではいっても、それぞれのクローゼット(私と夫・長男・次男の3か所)へしまうまでに間が空いてしまうことがあり、家族が畳んだ山から服をとってせっかく畳んだものがごちゃごちゃに……。そのため、「せっかく畳んだのに!」とイライラすることがよくありました。

そこで、直接クローゼットへしまうのではなく、畳んですぐにしまえる場所=物干し場の和室に衣類収納の引き出しを設けました。

全ての衣類収納はできないので、家族全員の「今よく着ているオンシーズンの衣類」のみを和室の引き出しにしまいます。今あまり着ないオフシーズンのものは、今までどおり各クローゼットへ。

「今よく着ているオンシーズンの衣類」とは、つまり「よく洗濯しているもの」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.