くらし情報『洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ』

2019年5月9日 19:30

洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ

【左側・夫エリア・歯磨きエリア】下から……
1段目・歯ブラシ、歯間ブラシ、Y字フロス、歯磨きジェル
2段目・うがい薬、うがいカップ
3段目・夫ヘアケア
4段目・夫グルーミング用品、夫愛用掃除用品

となっています。

洗面台の鏡裏収納の特徴

Img 20190421 174322


鏡裏収納は「ゴールデンゾーン」と呼ばれる腰から目までの高さに位置するため、立ったままでモノを取り出しやすいのが特徴です。ですが手が届きやすいぶん、ついついちょい置きしてしまいがち。モノが集まりやすい場所ともいえるので、気になった時には見直しが必要です。

歯ブラシやヘアケア製品など、毎日何度も出し入れするモノがたくさんあるため、乱れやすいのも鏡裏収納の特徴。そのため、モノの置き方にも、工夫をしなければなりません。

わが家では、細長くてそのまま置くと取りづらいモノ(口紅やリップブラシ等)は立てて取り出せるように、安定感のあるガラスのカップを使っています。そのまま置いてしまうと、横に倒れて取り出しにくくなるだけではなく、用途の違うモノが混ざって何がどこにあるのか分かりづらくなってしまいます。

このように、モノの置き方を見直すためにも、まずはモノを全て出して分けてみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.