くらし情報『洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ』

2019年5月9日 19:30

洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ

使用していない化粧品、頂きもの、試供品など「いつか使うかも?」と取っておいたモノが気づけば溜まっていること、よくありますよね。小さなサイズの試供品は旅行に丁度良いと思われがちですが、試したことがなければ旅先で肌に合わずに使えない……ということになるかもしれません。旅行やいつか使うときを待つ前に、優先して使ってみましょう!

鏡裏収納を使いやすくするアイデア

人別・背の高さ別で分ける

洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ


鏡裏収納をどう活用すると、戻しやすいスッキリ収納になるのかを考えてみます。大事なのはモノの定位置を決めること!

わが家ではまず、人別・共有エリアとざっくりと分けています。各自の持ち物をそれぞれで管理すると、自分専用のエリアだからキレイにしよう!という意識が芽生えやすくなります。

そして、家族別に棚で区切って各自の収納の定位置を決めます。家族によって、ゴールデンゾーン(使いやすい高さ)は違います。背の低い子どもは低めの棚、背の高い男性は上の棚、というように背の高さに合わせて定位置を決めてみましょう。

各自の定位置が決まると他の人のモノと混ざることがなく、定量も管理しやすいのでストックがあふれることも少なくなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.