くらし情報『洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ』

2019年5月9日 19:30

洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ

また、最もよく使うお年頃の子どもや女性を基準に使いやすい場所を設定するなど、全員が気持ちよく使えるように工夫することもポイントです。

使用頻度で分ける

洗面台を快適に! 狭い鏡裏収納を使いやすくするコツ


洗面台で使うモノは「毎日使う」「週2〜3回使う」など使う頻度が違います。この「使用頻度」と「使いやすい場所」を組み合わせて考えることもできます。

1.高さで分ける

使用頻度に合わせて上段・中段・下段の3つに分けます。【上段】使用頻度の低いもの
【中段】基礎化粧品やヘアケア用品など使用頻度の最も高いもの
【下段】次に使用頻度の高いもの

子どもが小さい場合は下段が使いやすい場所になるので、家族全員が使う歯磨き粉・歯ブラシなどの場所にも適しています。

そもそも鏡裏収納は腰上の高さにありますが、使用頻度の高いものは腰から目の高さである「ゴールデンゾーン」に置くのが基本です。棚板の高さを変えられる鏡裏収納であれば、モノの高さに合わせて調整すると、使いやすさがアップしますよ!

2.中央・左右で分ける

鏡裏収納の左右は各自のエリア、中央は鏡を見ることが優先順位であることを念頭に、家族で共有するものやデザインの良い見栄えのするアイテムを飾るように置きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.